過払い金のまたの名称をグレーゾーン金利といいます

main-img

過払い金という言葉を最近はよく耳にしますが、そもそもこの過払い金とはどういうものかというと、誰でも返してもらうことが出来る、払い過ぎたお金や利息のことをいいます。

この過払い金のまたの呼び方をグレーゾーン金利とも呼ばれます。

消費者金融やクレジット会社、大手デパートカードなどといった賃金業者が、利息制限法の上限を超えて徴収していた利息のことを言います。
私たちが知らない間に取られ続けていた、払い過ぎた利息のことを指します。


賃金業者から借り入れをすると、年収の少ない専業主婦などは、その利息を支払うだけでも大変で、なかなか元金を返済することが難しい人もいます。


特に近年、キャッシング利用者の数が大幅に増えており、日本の5人に1人はキャッシングを利用していると言われています。

キャッシングをすると、利用した人は消費者金融いわゆる賃金業者へ借りた分だけの利息を支払わなければなりません。

この利息には利息制限法という法律で、総額10万円以上100万円未満のキャッシングについては、18パーセント以上の利息は取ってはいけないという決まりがあります。

しかし多くの消費者金融などが、この法律に違反し、18パーセント以上の利息を長年にわたって取っていたという実態があります。当然、これに対して裁判が起き、利息制限法で決められた以上の過払い金を、キャッシング利用者へ返還するようにという判決が出ました。
しかし、それでも今だ過払い金はなくなることがなく、知らないうちに、違法な利息が払われているという現実が続いています。
過払いと言うのは、キャッシングで10万円から100万円未満の場合は18%以上の利息は取ってはいけませんと言う利息制限法を破った貸金業者たちに、私たちが知らず知らずの内に取られ続けていた利息の事を言いますが、出来ることなら余分に払い続けていた過払い分を取り返したいと思うのが普通ではないかと思います。
取り返すことはできるのですが、やはり個人だと相手もプロなのでそう容易く納得の行く和解に持ち込めないと思います。


業者もプロなので個人だとなかなか相手にしてくれないケースもあると思います。


スムーズに事を進めるならやはり私たちも弁護士や司法書士などその道のプロにお願いすると良いと思います。
最高裁まで行ける弁護士と違い司法書士は訴訟の金額の上限が140万円までで簡易裁判所までと決まっているようですが、弁護士も司法書士も費用の面ではそんなに変わりもないようです。

ややこしくなりそうな訴訟であるなら、最初から弁護士に頼むのがいいと思います。

専門家に頼むメリットとしては、まず面倒が一切ないです。

専門家にしてみれば過払い請求は訴訟になってもまず負けることのない比較的勝てる勝負です。

私たちは全てを任せるだけで、何かをすることがないのです。
日々の取立てが専門家が間に入った時点でなくなり、精神的苦痛から開放されます。


そして素早く決着が付くという事です。

長引かせても貸金業者に勝ち目はありませんから。
まずは無料相談など行っている事務所も多いので、それから自分に合った事務所や専門家を決める事を勧めます。

















関連リンク

subpage01

過払い金を取り戻して借金を整理しました

債務整理という言葉をご存知でしょうか。債務整理と言うのは「債務」を整理すると言う意味で、借金でもある債務を整理していくことを意味します。...

more
subpage02

過払い金の相談は専門家の助けを乞う

カードローンや銀行等からの借り入れには必ず年利で計算される金利手数料が発生します。年利は利用状況や返済状況から算出されますが、多くの場合に支払う必要がない過払い金が発生しています。...

more