履歴の削除は過払いの利息返還請求が増えるでしょう

main-img

過払いは、法律できめられた金利をこえ、支払った利息のことで、この過剰に支払った利息分を、返すように促す請求のことを、過払い、といいます。

埼玉の保険を利用するなら此方のサイトです。

法律で定めた金利とは、利息制限法とよばれます。

もう1つは、出資法とよばれ、これで、29.2%という金利上限が設定されています。



消費者金融など、金利を高く設定できる、出資法を基準にしているため、金利が設定されています。つまり、利息制限法と出資法は、上限をする金利が異なります。
これらのゾーンを、グレーゾーン金利とよび、この部分が過払いの対象になります。払いすぎている金利を、取り戻すために、正しく手続きをしなければ、大きな痛手をうけることになります。
例えば、過払いしてしまった、ローン会社に対し、お金を借り入れることが、出来なくなります。



個人信用のブラックリストに、のることはなくても、借り入れをしたローン会社では、借り入れが出来なくなることになります。
金融庁は貸金業者が、貸し出しの判断基準とし、使っている信用情報から、借り手が利息を、返還請求した履歴を削除方針です。返還請求の履歴がある借り手側は、貸し倒れの、リスクが高いとされ、借り入れがむずかしくなります。
履歴の削除が行なわれることで、今後は新規の融資を受けやすくなります。


金融庁は、改正貸金業法で、貸金業者に対して、金融庁が新しく、指定信用情報機関に、借り手側の債務状況などの登録を義務づけるか、過払いの利息分の、返還請求の履歴は残さない方針です。

ただ、履歴の削除を行なうことで、利息返還請求が、増える可能性があるでしょう。
非常にたくさんの過払い金返還対象者が全国的にいます。
しかし、払い過ぎたお金を取り戻せることを知らなかったり、手続きの煩わしさで請求しなかったり、損をしているのが現状です。


払い過ぎたお金は取り戻すことが出来ます。



それが「過払い金返還請求」です。

自分で解決することも可能ですが、多くの時間と手間が必要となってきます。



この手間と時間がネックです。

カードローン会社は金融のプロですので、相手が素人だと判断すると、相手の弱みに付け込んできます。返還請求を行うためには、司法書士や弁護士にお願いするのが確実です。


弁護士、司法書士への報酬は我々が思うほど高くはありません。


払い過ぎたお金の返還請求は、引直計算をして払い過ぎたお金が発生していれば、回収の見込みはほぼ十二分にありますので、依頼しても損になる可能性はとても少ないです。

完済してからの返還請求では、利息付で返してもらえることがあります。

ただし、デメリットがあるのです。

http://okwave.jp/qa/q8226438.html

ブラックリストに載り、クレジットカードの発行手続きがスムーズに進まなかったり、借り入りを新たに出来なかったりすることもあります。

https://matome.naver.jp/odai/2135645557395913501

既に完済が終わって払い過ぎたお金が戻ってくる場合などは載らないです。

どうしてもブラックリスト者になりたくない時は、借金全額を完済してから過払い金を請求することが一番の方法です。

弁護士、司法書士に依頼する時は、費用についてのはっきりとした説明を求めて、必ず契約書を作成します。

https://4meee.com/articles/view/789126

関連リンク

subpage01

会計的スキルの重要性

ビジネスにおいて、会計能力は欠かせないスキルとなります。普段は主に経理課であったり、簿記などの財務面で担当する者が計算を主としてやりますが、金融機関等などは企業の財務諸表を見て融資決定を行うなど、会計的要素がなければ判断できない場合もあります。...

more
subpage02

過払い金の相談は専門家の助けを乞う

カードローンや銀行等からの借り入れには必ず年利で計算される金利手数料が発生します。年利は利用状況や返済状況から算出されますが、多くの場合に支払う必要がない過払い金が発生しています。...

more