会計的スキルの重要性

main-img

ビジネスにおいて、会計能力は欠かせないスキルとなります。普段は主に経理課であったり、簿記などの財務面で担当する者が計算を主としてやりますが、金融機関等などは企業の財務諸表を見て融資決定を行うなど、会計的要素がなければ判断できない場合もあります。
また新聞においても、例えば日本経済新聞では、紙面上に企業の利益を示す経常利益であったり、営業収益など財務諸表または損益計算書で表示する言葉が次々に連なっています。これを正確に読み解くには、一つ一つの意味を正確に理解していないと収益自体にも幾つもの種類があるため、曖昧な企業業績の評価をしてしまいかねません。


そのため、ビジネススキルとして会計的能力を身につけることで、社会や企業の動向を多面的に捉えやすくなります。


近年、大学生の間では、特に簿記3級の資格を持っていた方が就職活動に有利である等、もちろんそれだけで企業は人物評価をするわけではないですが、最低限のスキルとして評価をするため、取らないといけないという風潮すら生み出されつつあります。

簿記を勉強することで、財務面で詳しくなり、また損益計算書を詳しく学ぶことで、お金の流れもつかむことができます。


そのため、会社のお金の流れを会計的に学ぶことで、企業の詳細を知らない者でも、会計的な側面から評価をすることが出来るので、初めて株式を購入する者でも、最低限の知識として身につけた評価で購入することができます。


また、近年話題になっている決算書の読み方についても、会計的スキルを身につけることで、苦労する必要もなくなると言えます。

このように、一つのスキルとして身につけることで、将来独立した際に、経営的観点からも把握することができるという点でも、今後のキャリアアップにも役立てることができると言えます。
経営者になるのであれば、財務面に詳しくなるのはむしろ必然であると言え、経営を効率的に運ばせるためにも、自らの会計的判断能力は求められ、それによって行き詰まっても、善悪は別にしてその判断に頼ることも可能となるのです。

今後も、ビジネス上で会計的能力をそれぞれが身につけて行く必要があると言えます。

サラリーマンは給与から自動的に、税金などが控除されているのです。

だからこそ、サラリーマンに節税など出来ない、そう思っている方がとても多く、その中の1人だったのです。しかし、調べると出来る節税があるのです。

それは、ふるさと納税です。

サラリーマンの場合、住民票がある都道府県、市町村に住民税を支払いますが、毎月給与から自動的に天引きされています。しかし、住民票に関係なく、二千円の自己負担だけで住民税の支払い部分を寄付に変える事が出来るのが、ふるさと納税です。


住民税で支払う予定だった県民税と市民税を、ふるさと納税として、別のところへ寄付をすることです。

二千円の自己負担で、最大限節税目的でふるさと納税を通じ、寄付することが、サラリーマンに出来る大きな節税につながります。鳥取県、境港市、北海道、さまざまな場所でふるさと納税をした方に対して、お礼の特産品を用意されているのです。
もちろん、特産品などのお礼のない地域もありますし、お礼の金額も地域によって異なっているため、調べてから実行に移すことが大切です。一番はじめに選んだ場所が、鳥取県境港市です。
こちらでは一万円節税の為にふるさと納税という寄付をすると、二日後にはお礼の言葉とともに、三千円相当の市内の各企業からの提供の品が送られてきたのです。
その二週間後には、五十種類前後のまるでカタログギフトを選ぶような感覚で楽しく選んだ品が、自宅に届けられたのです。

どこの地域が、魅力的な特産品を提供しているのかを調べることもとても楽しいです。

そして、東北大震災の時には、自分で出来る寄付金の額はしれていますが、ふるさと納税する額は、全額被災地へ寄付という形のふるさと納税をすることが出来ます。
節税の目的で始めたふるさと納税を通じ、誰もが気軽に出来る寄付があることを知り、被災地がまだまだ復興には時間がかかりますが、これからも出来る額を最大限被災地へ寄付したいです。

埼玉の保険ってとにかくお勧めなんです。









http://okwave.jp/qa/q8046930.html

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO93945150T11C15A1LDA000/

https://4meee.com/articles/view/380782

関連リンク

subpage01

履歴の削除は過払いの利息返還請求が増えるでしょう

過払いは、法律できめられた金利をこえ、支払った利息のことで、この過剰に支払った利息分を、返すように促す請求のことを、過払い、といいます。法律で定めた金利とは、利息制限法とよばれます。...

more
subpage02

過払い金の相談は専門家の助けを乞う

カードローンや銀行等からの借り入れには必ず年利で計算される金利手数料が発生します。年利は利用状況や返済状況から算出されますが、多くの場合に支払う必要がない過払い金が発生しています。...

more